シニアのためのエアロバイクの選び方

高齢者の体力維持には筋力を鍛えることとは別に、15分程度以上歩き続けられる体力の維持が必要です。
持久力は、歩いたりスイミングといった有酸素運動が有効だといわれています。
ウォーキングの場合はべた足などの癖が出て運動効果が出にくい為、エアロバイク等の器具が効果的です。
毎日行わなくても1日おきや2日おきに行うことで体力(持久力)維持ができます。


エアロバイク

エアロバイクは、大きく分けて2種類あります。 エアロバイクリカンベントバイクです。
ペダルを回すため強制的に腸陽筋を鍛えることができます。
リカンベントバイクは、長時間座ってもお尻が痛くなりにくく、 心臓に負担も少ない(エアロバイクとおなじ運動量でありながら、体の負担は 少ない)という特徴があります。
普段からイスに座るとお尻が痛くなるような方はリカンベントバイクがおすすめです。
お尻が痛くなりにくい方はどちらでも大丈夫です。 折りたたみ式のX型バイクはバランス感覚が取りにくいため転倒の可能性が ありますので、シニア世代は、使用しないようにしてください。



ルームランナー

ルームランナーは人気のウォーキングマシンです。持久力や脂肪の燃焼といった効果はバッチリです。
ただ腸陽筋を鍛えるには足を高く上げながら運動をしなければならない難点がありますので、体力も併用してつけたいという方は、エアロバイク等にされるか、ステップ台を併用することが良いと思います。
他にもリハビリ向きのルームランナーもあります。

在庫について

 

杖・ステッキの選び方



















ウォーキングカートの特徴

1.杖代わりになる
ウォーキングカートは杖とシルバーカーの間のような商品になります。そのためカートは前後に動かします。
キャスター付の杖としてご利用できます。

2.荷物をいれて移動ができる
アルミカーほどではありませんが多くの荷物を入れて運ぶことはできます。

3.年齢に関係なく使用できる
シルバーカーと違い、年齢に関係なくご使用ができます。











ショッピングカートの選び方






アルミカーの特徴

1.全体をアルミで覆われている
アルミのため軽量で丈夫なものになります。
見た目もシルバーカーと違います

2.大容量の収納
荷物が多くつめるためお買い物や、物の移動にも便利です。
汚れを気にせず様々な荷物を運ぶことができます。

3.シルバーカーと同じ機能も搭載
アルミの中に中身が見えないようにバックがついたものや座席のついたものや
ブレーキのついたものもありますので購入時に確認・検討してみてください。



ショッピングカーの特徴

1.後ろ向きに引っ張る
2輪または4輪で動かすキャスター付きのショッピングバックのことになります。
2輪より4輪のほうが体にかかる負担は少なくなりますので、確認をしてください。
移動時に、後ろの人や物に当たる場合がありますので注意が必要です。
また構造上未舗装等の悪路には向きません。

2.荷物をいれて移動ができる
アルミカーほどではありませんが多くの荷物を入れて運ぶことはできます。

3.年齢に関係なく使用できる
シルバーカーと違い、年齢に関係なくご使用ができます。



ウォーキングカートの特徴

1.杖代わりになる
ウォーキングカートは杖とシルバーカーの間のような商品になります。そのためカートは前後に動かします。
キャスター付の杖としてご利用できます。

2.荷物をいれて移動ができる
アルミカーほどではありませんが多くの荷物を入れて運ぶことはできます。

3.年齢に関係なく使用できる
シルバーカーと違い、年齢に関係なくご使用ができます。

ウォーキングカートの使用方法

1.ウォーキングカートを前に出す。
2.体重をかけて ストッパーを作動させる
3.体を少しづつ移動する


歩行器の選び方




歩行器の特徴

 1.安心歩行
 ハンドルがコの字型になっていて体を預けやすい構造になっていること
 体重を支えるため強度も強く倒れる不安が少ないこと

 2.自分のペースで歩けること
 使用される方の無理のない歩幅歩けます。

 3.床からの立ち上がりもサポート
 床に座った状態から、楽に立ち上がり、スムーズに歩行動作に入ることができます。




歩行器の高さですが、

身長の1/2+2-3cm=歩行器の位置

になると良いといわれています。
体に合わなければ、正しい歩行姿勢が取れず、逆に悪作用が働いてしまうことなります。
ご自分に合った位置に近いサイズへ合わせてください。

サイズの目安
身長 ハンドルの高さ 適応身長高 ハンドルの高さ
140cm 72cm 162cm 94cm
142cm 74cm 164cm 96cm
144cm 76cm 166cm 98cm
146cm 78cm 168cm 100cm
148cm 80cm 170cm 102cm
150cm 82cm 172cm 104cm
152cm 84cm 174cm 106cm
154cm 86cm 176cm 108cm
156cm 88cm 178cm 110cm
158cm 90cm 180cm 112cm
160cm 92cm




移動方法

歩行器の片側を前に動かして、逆の足を前に出します。この動作を交互に繰り返します。




移動方法

歩行器のグリップをしっかりにぎり、両手で持ち上げて前方に移動させ、その移動させた歩行器に体重を乗せながら移動していくタイプです。




移動方法

1.歩行器を前に出す。
2.体重をかけてストッパーを作動させる
3.体を少しづつ移動する



車いすの選び方



本当に必要な車椅子ってどれだろう?チェックポイントがありますので、ご購入の前にご確認下さい
はじめての車いす選び...種類も多いし、よくわからない。 間違った車いすを選ぶと症状の悪化や体力の低下を招きます。
次の手順で選んでいくと車いす選びがしやすくなります。




車いすには大きく分けて3種類のものがあります。
電気を使用する電動式と自分の力で動かす自走式、介助者に押してもらう介助式です。
介助ブレーキのついた自走式があり、介助式としても(自走・介助兼用タイプ)ご利用ができます。
この中から自分に必要タイプを選択してください。


















利用者の体格・状態によって車いすを選んでください。 サイズの合うものを求めてください。
Pointは5つです。(シート幅・背もたれの高さ・シートの奥行・ひじ掛けの高さ・シートの高さです。)
絵は車いすに乗っていますがご自宅にある椅子等でも計測は可能です。





歩行車の選び方






歩行車の特徴
  • ハンドルがコの字型になっていて体を預けやすい構造になっていること
  • 体重を支えるため強度が強くできていること





屋外用
キャスターが大きく、また危険防止のため必ずブレーキがついています。


屋外用
キャスターが小さく、施設等平坦な建物の中の移動・訓練に使用します。ブレーキが無いタイプもあります。
フレーム上部の馬蹄形ハンドルにひじをついて身体を支え前進します。
取り扱いが簡単なため歩行訓練用に使用されています。バランスが悪く筋力が低下している方に向いています。
家庭内で使用される場合は段差が多いため歩行器が向いています。




シルバーカーに似ていてバッグ等収納がついています。
左右のハンドルを持って移動します。安全のためブレーキはハンドルについています。
休憩用の腰掛がついています。軽度の障害や歩行のふらつきや持続性がない方むきです。


左右のハンドルを持って移動します。安全のためブレーキはハンドルについています。
休憩用の腰掛がついています。バックがないか、カゴで運びます。
軽度の障害や歩行のふらつきや持続性がないかたむきです。

組立設置について

〜プロの業者が重量のある商品を組立・設置いたします〜

・せっかく期待してきた商品が玄関から部屋まで持っていく間に疲れて組立ができないことはありませんか?
・運んでいる間に重くて腰を痛めたりすることありませんか?
・組立方法がさっぱりわからないし商品をぶち壊してしまいたいと思うことありませんか?
・いざ組み立ててみたけれども動かないということありませんか?

重たい・面倒・時間がない・不安 そんな時!

商品の搬入・組立・設置・作動確認・梱包材の処分まですべてプロにお任せいただけます!
配送といえば、一般のネットショップはもちろんのことスポーツショップ・ホームセンターなども玄関までが普通。
クロストレーナー・コムは重量のある商品だからこそ、組立設置の手間をなくします。

組立可能地域は日本国内人口地域の約95%をカバーしています。
この機会にぜひ組立設置サービスをご利用ください。

す べ て お ま か せ く だ さ い 。

当店で取り扱っている商品には重量のある商品がございます。

開梱から組立設置までするのはかなり大変ですので、女性の方や時間のない方、
不安のある方はぜひこちらのサービスをご利用ください。

ご注意

・お部屋への配送までは、商品は弊社の所有物となります。
・組立作業後はお客様へ所有権が移転し、動作不良以外の役務の解約・所有権の移転はできません。
(組立設置つき商品であっても役務は請求いたします。)
・離島はサービス対象外です。
・梱包重量70kg以上の商品は1Fのみの価格です。2F以上の階段での搬入は別途費用が必要です。
・代引きご希望の場合は、組立て設置業者と別に当日代引き送り状が届きます。
・ジム等の完成品は基本的にトラックでの配送になります。トラックからお部屋までの搬入が組立設置の扱いとなります。
・商品発送後の変更・キャンセルつきましては、送料・返送運賃はお客様に請求いたします。
・2F以上の作業費は基本的に手あげ作業のみです。ユニック等特殊作業については組立設置費用とは別に特殊作業料をご請求いたします。

・不用品の引き取りは別途料金がかかります。

ご利用可能地域

・北海道(北部・東部)・沖縄(本島以外)・離島を除く全国です。
※組立設置のサービスエリア内でも設置場所によっては配達できない場合がございます。


沖縄のサービスエリア

沖縄本島 ※別途海上配送運賃が必要

配送日について

地域により配送日が決まっています。
基本的には注文後2週間以内です(ただし受注生産品は生産後に改めて日時をご連絡いたします)
※日曜・祝日・年末年始・お盆の時期のご指定・御届け時間の指定はできませんのであらかじめご了承ください。
※悪天候や災害・事故による運送事情不良の場合は指定日・指定時間ににお届けできない場合もございますのであらかじめご了承ください。

配送日の打ち合わせについて

配送打ち合わせのため、事前に確認の連絡があります。
※必ず平日連絡できるご連絡先(勤務先・携帯等)をご明記してください。


1.組立日を決める

組立日は注文日から土日を除く中3日より先の日を指定してください。(九州・東北はもう1日足してください。北海道は2日足してください。)
中3日以降の希望日でしたら土・日・祝日も組立設置は可能です。
ご注文後、お客様に組立日のご連絡をいたします。
その際組立日と午前・午後のみをお決めください(詳しい時間は前日ご連絡いたします)。



2.設置時間を決める

※前日までに日時の変更がある場合はこのときにご連絡いただくか、弊社までご連絡ください。
作業時間は午前・午後です。
※お客様の都合による当日の変更等の緊急対応時には実費請求をいたします。


下記の4点について、ご注文いただく前に今一度ご確認ください
・ 搬入経路はどうなっていますか?
・ 商品を設置する場所はありますか?
・ 電源はきていますか?(200v電源商品を設置する場合)
・ テレビのコード差込口はきていますか?(TV取付け商品のみ)


搬入経路を確保してください

玄関周りの状況は?

玄関の幅・高さで梱包サイズが入るかどうか確認してください。
マンション等の場合玄関への通路が狭い場合があります。
その場合通路の幅も含めて玄関へ入るかどうか確認してください。
玄関が難しいようなら窓からの搬入があります。
その通路が通るかどうかや窓のサイズが入るかどうか確認してください。


お部屋までの搬入経路の状況は?

廊下の幅・高さ・長さで梱包サイズが入るかどうか確認してください。
特にL字部分については問題が発生しやすいので、この場合は梱包サイズの長さが天井までの高さ以下であることが必要になります。


階段への状況は?(1F以外の設置)

組立設置上一番問題になるのは階段です。
階段には以下のタイプがあります。設置場所の階段がどれになるか確認してください。
1.
2.
3.
4.
コの字階段
L字階段
急勾配
螺旋階段

階段の幅・高さ・長さで梱包サイズがはいるかどうか確認してください。

1.、2.の場合、高さ・幅・長さが切り替えし時に対処できるかも確認をお願いいたします。
3.、4.の階段は大型商品の搬入自体が困難です。
この場合は設置場所を商品の搬入できるフロアーにしてください。
4.の階段の場合特に大型商品を搬入する際に壁面や天井を傷つけないために配送業者判断で中止することがあります。トラブルを防ぐため事前に連絡をお願いいたします。


エレベーターの状況は?

商品の高さがエレベーターの奥行き・長さがエレベーターの高さ以下になるか確認してください。


搬入経路の条件は梁・配電盤・照明器具・移動困難な障害物や家具などがないことが条件です。

搬入場所への4トントラック等で入りにくい道路の場合は日程連絡時にご相談ください。
※3階以上でエレベーターの使用ができない搬入や吊り上げ、搬入経路の養生等特殊な条件の伴う納品については別途搬入費用をご負担いただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

商品を設置するスペースを確保してください

お選びになった商品を設置するスペースがあるかどうか確認してください。
ウォーキングマシーンやトレッドミルの設置の場合は特にベルトの後ろ側に安全のため最低50cmぐらいの余裕を持たしてください。
歩行面から天井までの高さも30cm以上は余裕を持たせてください。
大型商品はコンセントからの位置が離れていると電圧低下の原因になりますのでその点を踏まえて設置場所には考慮してください。
※ご注文商品以外の家具の移動や設置はお受けできませんのでご了承ください。

シニアのためのルームランナーの選び方




  自走式 ミニウォーカー JW-02

  10,500円(税込)
  コンパクトタイプで一番しっかりしたタイプです。
  角度調節もできますし、ホイールも鉄製ですので回転もスムーズです。




  アルインコ ルームランナー EXW7600

  25,800円(税込)
  心拍がとりやすいイヤーセンサー式。
  運動時間・走行速度・走行距離・消費カロリーに加え、
  心拍数も表示するベーシックタイプのコンパクト自走式ウォーカーです。




  ヘルスジョガー 自走式ウォーカー HJ-1601

  29,800円(税込)
  マグネット式ということもありますが、他のルームランナーよりも
  高い傾斜8度(17%)付いています。
  トレッキング用に訓練したい方にはNo.1のお薦め商品です。





  ダイコウ ルームランナー DK-8420E

  59,800円(税込)
  最大スピード16km!! 5万円台で体脂肪計付き!
  折り畳みが楽にできるキャスターがついているので、
  商品の移動もカンタンに行えます。

  ダイコウ 低速トレッドミル DK-208

  74,800円(税込)
  脳卒中等の病気・事故のリハビリなどにも対応できる低速走行が可能。
  ウォーキングや軽いジョギングまで幅広い使用が可能ですので、
  ご購入者の多くがプレゼントとして使われています!

  電動プログラムウォーカー IW-8000

  17,800円(税込)
  ベーシックな低価格帯の電動ウォーカーです。
  0.5hpのモーターで6kmまでのウォーキングが可能なので、
  体力のない方にもぴったりなモデルです。

  コンビ エアロバイク EZ-101

  66,000円(税込)
  エアロバイクの中ではNo.1商品!
  丈夫さ・耐久性・安全性に優れているため、
  ハードなトレーニングにも耐えられる仕様になっております。

  ダイコウ エレプティカルバイク DK-206S

  29,800円(税込)
  立って全身、座って気軽にエクササイズ!
  エリプティカルなのに座席付。
  ベーシックタイプなクロストレーナーです。

シニアの運動について

ルームランナーを目的から選ぶ

シニアの運動について


シニア世代の運動っていったいなにをしたら良いんでしょうか?
30代・40代とは異なるのでしょうか?
まずはシニア世代にある大きな勘違いから読み解いていきましょう。


1.シニア世代は運動しても筋肉は鍛えられない。
2.ふらつくのは歳のせい。
3.一日一万歩あるいているから、健康には問題が出ない。

シニア世代がいつまでもイキイキと活動的な毎日を過ごすには、恒例に伴う店頭、衰弱等(老年症候群)はこれまで不可逆的なものと考えられてきました。
未だに勘違いの1,2を思われている方が多くいらっしゃいます。
しかし、近年の研究で筋肉を鍛えることやバランス感覚・身体の柔軟性などは高齢者になっても機能訓練を行うことによって、予防・改善が期待されています。

このことにより今まで「歩く」「立ち上がる」「座る」「しゃがむ」「のぼる」「着替える」「家事をする」といった日常生活を行う上で当たり前のことをこれからも当たり前にできるようにするトレーニングになります。

政府も包括的高齢者運動等レーニングという名称で、上記の内容をサポートする仕組みとして平成18年4月から「新予防給付」「地域支援事業」の介護予防サービスが導入されています。
施設のような大きなクグを使用しなくても、ご家庭でも一人でもできるトレーニングがありますので、高齢者の健やかな日常生活が送れるよう当店ではご提案させていただきます。





5つの自立体力向上



歩行能力
持久力向上

姿勢変換能力
筋肉の向上

身体調整能力
柔軟性


手作業
筋肉の向上

体幹能力
バランス力


有酸素運動+無酸素運動=健康維持

3はシニアに限らず一般的にある勘違いです。
一般のウォーキング・ランニングには、筋肉を鍛える効果はほとんどありません。
ウォーキングなどは、有酸素運動といわれる運動で、成人病の予防・改善などの血流や内臓器官の強化につながる運動になります。
筋肉をつけるには、ジムマシンやダンベル・チューブなどを使用した無酸素運動が必要になります。

よくランニングのアスリートといわれる方が、TV等で器具を使ってトレーニングするところを見ることがあります。
ランニングだけでは筋力がつかないため別に筋力トレーニングをして筋肉をつけているんですね。
有酸素運動と無酸素運動を足すことで健康な体で体力が維持できることをご理解ください。



立ち上がりにくくなった。物につかまらないと立ち上がれない。
一日一万歩歩いているけど体力がつかない。歩くのに自信がなくなってきた。
階段に手摺がないとつらい。




円背になりたくない、改善したい



15分くらい続けて歩けない



歩くとふらつく、立ち上がるとふらつく



ものがつかみにくい。箸がもちにくい



腕があがりにくい。物が運びにくい



カラダが硬くなった、服が着にくい、靴下が履きにくい



よくつまづく、ころぶ
関節が痛くて歩くのがおっくうになる
足が冷えやすい・むくむ



歩きにくい



トレーニング

歩くことは日常生活で重要なことになります。ルームランナーは寒い冬や暑い夏雨や雪の日などでも 部屋で運動することによって歩くことができます。
エアロバイク・ミニサイクル・クロストレーナーはひざや関節に負担が少ないトレーニング器具です。
特にこの3種類は腸腰筋を鍛えることができ、歩行時の躓きを予防することができます。

リハビリ用品

ルームランナーを目的から選ぶ
シニアのための器具の選び方とは?気になる内容はこちらをチェック!
ルームランナーを目的から選ぶ
介護予防マシン
介護予防マシン
平行棒
平行棒
滑車運動器
滑車運動器
ルームランナー
ルームランナー
クロストレーナー
クロストレーナー
エアロバイク
エアロバイク
ミニサイクル
ミニサイクル
訓練台
訓練台
ステップマシン
ステップマシン
ステップ
ステップ運動
訓練用階段
訓練用階段
バランスバランス
ストレッチボード
ストレッチボード
ストレッチローラー
ストレッチローラー
エクササイズマットエクササイズマット
トレーニングチューブ
トレーニングチューブ
ウェイト
ウェイト
ハンドグリップハンドグリップ
ぶらさがり
ぶらさがり
バランスバランスボール レクレーションレクレーション
サポーター
サポーター
バランスバランスパッド
あるく|リハビリ歩く 立ち上がる・昇る|リハビリ立ち上がる・昇る のばす|リハビリのばす
ふらつく|リハビリふらつく にぎる・つかむ|リハビリ握る・掴む 体力維持|リハビリ体力維持
高田ベッド|リハビリ高田ベッド ダイコウ|リハビリダイコウ エサキ|リハビリ江崎器械
ヤマトヒューマン|リハビリ
ヤマトヒューマン
カワムラサイクル|リハビリ
カワムラサイクル
羽立工業|リハビリ
羽立工業
エバニュー|リハビリ
エバニュー
ダンノ|リハビリ
ダンノ
秦運動具工業|リハビリ
秦運動具工業

〜\10,000|車いす
〜\10,000
〜\30,000|車いす
〜\30,000
\30,000〜|車いす
\30,000〜

シルバーカー|車いすシルバーカー 杖・ステッキ|車いす杖・ステッキ 介護ベット用品|車いす介護ベッド用品
車いす|車いす車いす 介護トイレ用品|車いす介護トイレ用品 介護浴室用品|車いす介護浴室用品
介護施設用品|車いす介護施設用品 住宅関連用品|車いす住宅関連用品 介護用家具|車いす介護用家具


レクレーション

施設で使用されるレクレーション商品やマッサージ関連商品・柔軟性を高めるストレッチ用品を揃えました。

施設関連

ルームランナーを目的から選ぶ
介護・病院施設用品の選び方とは?気になる内容はこちらをチェック!

介護予防マシン
介護予防マシン
リラックス用品
リラックス用品
レクレーション
レクレーション
計測器
計測器
防災用品
防災用品
介護施設用品
介護施設用品
介護・施設用家具
介護・施設用家具
介護用ベッド
介護用ベッド
マッサージベッド
マッサージベッド
トイレ用品
トイレ用品
浴槽用品
浴槽用品
マットマット




施設備品
施設備品
施設消耗品
施設消耗品
清掃用品
清掃用品
ストレッチャー・担架
ストレッチャー・担架
施設用歩行車
施設用歩行車
ワゴン車
ワゴン車
スロープ
段差解消・スロープ

机
ソファ
ソファ
チェア
チェア
室内用スロープ
室内用スロープ
段差解消・スロープ
段差解消
立ち上がり補助具
立ち上がり補助具

シルバーカー|車いすシルバーカー 杖・ステッキ|車いす杖・ステッキ 介護ベット用品|車いす介護ベッド用品
車いす|車いす車いす 介護トイレ用品|車いす介護トイレ用品 介護浴室用品|車いす介護浴室用品
介護施設用品|車いす介護施設用品 住宅関連用品|車いす住宅関連用品 介護用家具|車いす介護用家具


住宅関連

若いときは、無理なく上がれた階段や玄関などの段差を超えたり、日常生活での椅子や畳からの立ち上がりなども体力の衰えとともにしんどくなってきます。
年をとると、足腰が弱くなりつまづいたはずみに転んで骨折や怪我が起こりやすくなります。
住宅内外での生活を補助するスロープやてすり等をおくことで住宅の問題が解消されます。

歩行関連用品

外出することで行動範囲も広がり気分転換にもつながります。
歩行器・杖・車いすは、使い方、バランス・サポートの度合いが異なります。体の状態や場所によって商品を選択してください。

介護入浴用品|リハビリ・介護予防・レクレーション・コム


介護入浴用品の専門オンラインショップ。プロの目からお客様にご提案します。

介護トイレ用品|リハビリ・介護予防・レクレーション・コム


入浴介護用品の専門オンラインショップ。プロの目からお客様にご提案します。

本当に必要な介護トイレ用品ってどれだろう?チェックポイントがありますので、ご購入の前にご確認下さい



はじめての介護トイレ選び 種類も多いし、よくわからない。
間違った介護トイレを選ぶと症状の悪化や体力の低下を招きます。
介護トイレは身体状況によって使用するものが異なるためまず身体状態で商品を選択します。


入浴介護用品の選び方



本当に必要な入浴介護用品ってどれだろう?チェックポイントがありますので、ご購入の前にご確認下さい
はじめての介護入浴用品選び 種類も多いし、よくわからない。
間違った介護トイレを選ぶと症状の悪化や体力の低下を招きます。
介護入浴用品は身体状況によって使用するものが異なるためまず身体状態で商品を選択します。



この中から自分に必要タイプを選択してください。




















シャワーチェアの選び方

シャワーチェアの選び方

シャワーチェア
シャワーチェアーは、体をあらったり洗髪するための座るイスのことで、立った姿勢での難しい方にお勧めです。
高さ機能付きのものも多くあります。

背なしタイプ
背付タイプ
腰あてタイプ
ひじ付タイプ
ひじ掛け付はねあげタイプ
折りたたみタイプ
回転タイプ


などがあります。
浴室の大きさや体格、身体状態によって使用する商品を選んでください。



身体状態による選び方
背なしタイプ
身体を洗う時に、姿勢保持ができる方に向いています。
背中がないため、狭い場所や大きな体格な人でもゆったりと洗うことができます。

腰あてタイプ
円背の方(背中が曲がっている人)向きの商品で、骨盤を支えて座位がしっかり安定させます。






背付タイプ
身体を洗う時に、ほぼ姿勢保持ができる方や背もたれがないと不安という方に向いています。
背もたれがあることで立ち上がりがしやすく、安心して体を洗うことができます。

ひじ付タイプ(はねあげ)
座った姿勢が保持できない方や浴槽への移乗を楽に行いたい方、介助する方にもに向いています。

ひじ付タイプ(固定ひじ)
立ち座りの動作と座った姿勢が保持に不安のある方、介助する方にも向いています。

ひじ付タイプ(U字溝)
イスから腰を上げるのがつらく、座ったまま前後から局部を洗いたい方、介助する方にも向いています。

ひじ付タイプ(回転座面)
座った姿勢の保持と身体の方向転換のできない方や介助する人にもむいています。
座面部分のみ回転します。
(比較的上体が安定されている方)

ひじ付タイプ
(背もたれ回転座面)
介助の際に、方向転換させて立ち座り動作や体を洗う動作を楽に行いたい方にむいています。
座面と背もたれが360度回転します。
広い病院や施設等に適しています。


浴室の広さによる選び方

1.浴室の洗い場の大きさや出入り口の扉の状況で、シャワーチェアーが邪魔にならないかか確認しましょう
2.移動に十分なスペースが確保されているか確認しましょう
3.介助入浴が必要な場合は、利用者と介助者が移動できるスペースを確保しましょう
※浴室(洗い場)が狭い場合は、コンパクトタイプか、折りたたみタイプを選択してください。
広めの場合はスタンダードタイプやひじ掛けタイプを使用します。


コンパクトタイプ
折りたたみができないコンパクトなタイプです。
幅が45cm以下のもので設置の邪魔になりにくいのが特徴です。
回転式タイプもあります。

折りたたみタイプ
使用後おりたたみができて、小さい洗い場を有効的に利用できます。

介護トイレ用品の選び方

介護トイレの選び方


1.機能について


この中から自分に必要タイプを選択してください。


補高便座
既存の洋式トイレの上において使用するものです。
膝に痛みなどがあり、トイレに深く腰掛けるのが難しい方にむいています。
座面を高くすることで膝に係る負担を軽減し、便座への座り込みと立ち上がりを楽にします。
補高便座があることで立ち上がりを楽にします。
座りやすい柔らか便座タイプも有ります。



簡易洋式トイレ
和式トイレは足腰やひざに大きな負担がかかります。
簡易洋式トイレは便器の取替えや水道工事をすることなく、和式トイレの上にかぶせるだけで簡単に洋式便座に変更することができます。
段差のあるトイレに使う(両用式)と段差のないタイプ(据置式)の二種類あります。


簡易洋式トイレ
今使用している洋式トイレにてすりを取り付けることで、トイレでの立ったり座ったりの動作をサポートします。



樹脂製トイレ

○持ち運びが便利
○お手入れが簡単で、水洗いができます。
○においがつきにくい
○木製タイプに比べて値段が安い

家具調トイレ

○重量感があり安定感を求める人に
○室内でのインテリアとして馴染む
○木製タイプに比べて値段が安い



ポータブルトイレ
トイレまで行くのが難しいが、座ってトイレを済ませたいという人にはポータブルトイレは有用です。
ポータブルトイレには樹脂製トイレと家具調トイレの二種類あります。
ポータブルトイレは災害時のトイレとしてもご利用いただけます。


ポータブルトイレには標準便座・やわらか便座・暖房便座・脱臭機能・シャワーの大きく5つの機能がついています。 これらを選択してください。


トイレ用車いす
座った状態で、洋式トイレを利用できる車いすです。
水にも強いため浴室用といてもご利用いただけます。





こんな方におすすめ
ベッドから起き上がれず、座位での排泄が困難な方で、排泄が自分の意志でできる方用の商品です。
尿器や差し込み便器などです。


ベッドの上での排泄を助けるには、尿器や差し込み便器などが必要になります。
排泄物が直接肌に触れないので、不快感、スキントラブル、感染のリスクを軽減します。


2.種類で選ぶ


介護ベッドの選び方

介護ベッドの選び方


本当に必要な介護ベッドってどれだろう?チェックポイントがありますので、ご購入の前にご確認下さい。


ベットを使用することで畳よりも楽に立ち上がりしやすくなります。
介護ベット(特殊寝台)を利用することで電動で背もたれが上がったり、サイドレールがつき、立ち上がりが楽になることで最初の一歩への支えとなります。




サイドレール

寝具のズレ防止やベットからの転落予防に役立ちます。
メーカーの品番ごとによって使用できるものが違いますので確認の上ご購入下さい。

手元スイッチ

高さの異なるベッド脚に、高さ調節用の脚やキャスターを取り付ける部分です。
メーカーの品番ごとによって使用できるものが違いますので確認の上ご購入下さい。

ベースフレーム

ベッドを操作するリモコンスイッチ

ヘッドボード

ベッドの頭部分ボードになります。
フラットタイプと小物が置きやすい宮付タイプの2種類あります。


1.機能について


背上げ機能
特徴
起き上がりのできない方むけ。
リクライニングが上がることで、起き上がりの動作を助けます。


膝上げ機能
特徴
ベットの足元のほうに体がくずれるのを防ぎます。


高さ調節機能
特徴
ベッドの高さを立ち上がりしやすいようにしたり、
介助しやすい高さに調整します。


2.モーターについて


1モーター昇降タイプ
ベットの高さを立ち上がりがしやすいようにしたり、
介助しやすい高さに調整します。
車いすへの移乗動作をしやすくします。
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


1モーター背上げタイプ
リクライニングが上がることで、起き上がりの
動作を助けます。
食事のしやすい角度に調整します。
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


1モーター背上げ膝上げタイプ
背上げ膝上げを連動して行います。
リクライニングが上がることで起き上がりの動作を助けます。
食事のしやすい角度に調整し、足もとに体がずれるのを防ぎます。
細かい調整ができないため床ずれの心配のある方は不向きです。
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


2モーター
高さ調整タイプと背上げ膝上げタイプの機能を合わせたものです。
ベットの高さを立ち上がりしやすいようにしたり、 介助しやすい高さに調整します。
背上げ膝上げを連動して行います。
リクライニングが上がることで起き上がりの動作を助けます。

食事のしやすい角度に調整し、足もとに体をずれるのを 防ぎます。
細かい調整ができないため床ずれの心配のある方は 不向きです。
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


3モーター
背上げ・膝上げが独立して動きます。 高さ調整タイプと背上げ膝上げタイプの機能を 合わせたものです。
ベットの高さを立ち上がりしやすいようにしたり、介助しやすい高さに調整します。
背上げ膝上げを連動して行います。

リクライニングが上がることで、起き上がりの動作を助けます。
食事のしやすい角度に調整し、足もとに体をずれるのを 防ぎます。 
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


3.介護ベッドのサイズ


介護ベットは、ご利用者の体形や介助者のしやすさによって幅や長さが異なります。
長さはショートは身長150cm以下の方、レギュラーは標準サイズロングは170cm以上の方が選んでください。
幅は91cmが標準で寝心地や介助のしやすさを両立しています。
介助がしやすく狭い部屋でも使用しやすい83cm幅もあります。



マッサージベッドの選び方




マッサージベッドの高さ基準
指圧・整体など上から押すことの多いものは、低めのベットが好まれます。

整体・カイロ用:40〜55cm前後
診察用:50cm前後
エステ・鍼治療などは高めのものが好まれます。

エステ・オイルマッサージ:50〜65cm前後

もし、数センチの高さでお悩みの場合は、低い方の高さ をお選びください。「プチ金具」というアイテムで5cm・10cmのリストアップが可能です。
※ポータブルなどプチ金具が使えないベッドもございます。


マッサージベッドの幅基準
店内の設置スペースや施設者のやりやすさを考慮して選ぶ必要があります。
整体や・診察用など施術のしやすいものから幅の狭めのものが好まれます。

整体・カイロ・診察用:55〜60cm前後
エステや鍼治療などお客様がリラックスできるように広めのベットが好まれます。

エステ・オイルマッサージ:55〜65cm前後

長さですが一般的には180cmの長さですが、若年層の多いところでは190cmが必要な方も増えています。


有孔加工の有無
有孔

ベットに空いている穴のことで、うつぶせの際の呼吸用の穴になります。
通常のマッサージベッドは、「有孔」と区別する意味で「無孔」タイプと呼ばれます。

有孔ふた付

同じ素材のふたをつけることで通常の無孔ベッドにすることができます。
「有孔」タイプでも別売でふたもあります。

オメガ式

有孔と異なり丸い穴が開いています。
患者様が直接、顔をふれることを想定して当っても痛くならないように作られています。

入浴介護用品の選び方



本当に必要な入浴介護用品ってどれだろう?チェックポイントがありますので、ご購入の前にご確認下さい

はじめての介護入浴品選び

はじめての介護入浴用品選び 種類も多いし、よくわからない。
間違った介護トイレを選ぶと症状の悪化や体力の低下を招きます。
介護入浴用品は身体状況によって使用するものが異なるためまず身体状態で商品を選択します。


1.身体レベルで選ぶ

利用者それぞれの身体的な条件やご使用方法で適した機能が大きく異なってきます。
利用者に合わせた選択をしましょう

2.種類で選ぶ

浴槽や浴室の状態によって商品を選んでください。


1.身体レベルで選ぶ


この中から自分に必要なタイプを選択してください。


一人で入浴する
自力または介助があれば安定して降りることができたり階段の昇り降りができる人向けの商品です。

対象商品
・シャワーベンチ
・浴槽台
・浴槽手すり
・スベリ止めマット


介助付の入浴
自立で座ることができる、または介助があれば立つことができる、車いすを使って自立のできる人向けの商品になります。

対象商品
・ひじ掛けつきシャワーベンチ
・バスボード・シャワーキャリー


身体を拭いてもらう
寝返りがうてて、車いすの移乗には介助が必要な方、座った姿勢を保つには介助が必要な方向きの商品になります。

対象商品
・清掃用品
・簡易浴槽



2.種類で選ぶ





シャワーキャリー
シャワーキャリーは、居室から浴室まで移動でき、そのままシャワー浴ができます。
肘付けや足置きが跳ね上げられたり取り外せるものなら移乗もらくらく。
背もたれやシートの工夫で、洗いにくい場所もしっかり洗えます。
座ったままトイレ用として使用できるものもあります。
>>詳しくはこちら


シャワーチェアー
シャワーチェアーは、体をあらったり洗髪するための座る
イスのことで、立った姿勢での難しい方にお勧めです。
高さ機能付きのものも多くあります。

背なしタイプ
背付タイプ
腰あてタイプ
ひじ付タイプ
ひじ掛け付はねあげタイプ
折りたたみタイプ
回転タイプ


などがあります。
浴室の大きさや体格、身体状態によって使用する商品を選んでください。
>>詳しくはこちら




浴槽に入る



バスボード
バスボードとは、浴槽の上に載せて座った姿勢で浴槽の出入りをするための器具になります。
浴槽をまたぐのに困難な方にむいています。
浴槽にしっかり固定できるもので、浴槽の幅と一致する物を選びます。
入浴中取り外したり、設置したりすることもあります。
乗りやすいように回転するタイプのものもあります。
>>詳しくはこちら



移乗台
移乗台は、座った姿勢で浴槽に出入りするための器具になります。
浴槽の側面に取り付ける腰掛台やバスボードを併用することで、座りながら入浴できます。
バスボードと違い取り外す必要がありません。

>>詳しくはこちら



浴槽台
浴槽への踏み台として使用したり、浴槽内の椅子と使用されたりしてご利用いただけます。
洗い場用と浴槽用の2種類あります。
使い方によって商品の選択が変わってきますので注意が必要です。

>>詳しくはこちら



浴槽手すり
浴槽の縁に挟み込んで使用する手すりです。
工事も不要ですので簡単に取り付けができます。
浴槽に対して横を向いてまたぐときに便利なものと、正面を向いてまたぐときに便利なものとがあります。
握力が弱くなった方の転倒防止ができます。
※浴槽手すりは、浴槽の形状・寸法によって 取付けできない場合がございます。

>>詳しくはこちら



スベリ止めマット
浴槽内や浴室の床用に使用するマットです。
浴槽内の事故は多くあります。
立ち上がりの時のスベリ止め転倒防止、入浴時の着座姿勢を安定させ前方に防ぐのを目的としています。
スベリ止めマットには吸盤式と据置式があります。

>>詳しくはこちら



すのこ
脱衣場と浴室との段差をなくすものになります。
腐らない樹脂製のものが多くあります。
滑りにくいもの、クッション材が表面に使用されているものなどがあります。
シャワーキャリー等ほ使用する場合は、 段差があると入れないためすのこ等を強いてください。

>>詳しくはこちら



バスリフト
電動でシートが上下。
浴槽での立ち座りや出入りをサポートし、入浴介助の負担を軽減します。

>>詳しくはこちら



自力でベッドやふとんから離れることが難しい

簡易浴槽
簡易浴槽は浴室までの入浴が困難な方に居室で入浴を容易に行うことができます。

>>詳しくはこちら



清拭用品
入浴できない方や入浴できない時に体を拭いて汚れをふき取るものになります。
ぬれタオルやシャンプーなどをそろえました

>>詳しくはこちら



入浴介助用品
入浴介助用のベルトをはじめ、入浴担架やタオル・防水エプロン等の介助補助商品になります。

>>詳しくはこちら



入浴小物
お風呂で使用する手桶や風呂フタなどの入浴小物になります。

>>詳しくはこちら



ページトップへ