住宅関連

若いときは、無理なく上がれた階段や玄関などの段差を超えたり、日常生活での椅子や畳からの立ち上がりなども体力の衰えとともにしんどくなってきます。
年をとると、足腰が弱くなりつまづいたはずみに転んで骨折や怪我が起こりやすくなります。
住宅内外での生活を補助するスロープやてすり等をおくことで住宅の問題が解消されます。

ページトップへ