介護トイレ用品の選び方

介護トイレの選び方


1.機能について


この中から自分に必要タイプを選択してください。


補高便座
既存の洋式トイレの上において使用するものです。
膝に痛みなどがあり、トイレに深く腰掛けるのが難しい方にむいています。
座面を高くすることで膝に係る負担を軽減し、便座への座り込みと立ち上がりを楽にします。
補高便座があることで立ち上がりを楽にします。
座りやすい柔らか便座タイプも有ります。



簡易洋式トイレ
和式トイレは足腰やひざに大きな負担がかかります。
簡易洋式トイレは便器の取替えや水道工事をすることなく、和式トイレの上にかぶせるだけで簡単に洋式便座に変更することができます。
段差のあるトイレに使う(両用式)と段差のないタイプ(据置式)の二種類あります。


簡易洋式トイレ
今使用している洋式トイレにてすりを取り付けることで、トイレでの立ったり座ったりの動作をサポートします。



樹脂製トイレ

○持ち運びが便利
○お手入れが簡単で、水洗いができます。
○においがつきにくい
○木製タイプに比べて値段が安い

家具調トイレ

○重量感があり安定感を求める人に
○室内でのインテリアとして馴染む
○木製タイプに比べて値段が安い



ポータブルトイレ
トイレまで行くのが難しいが、座ってトイレを済ませたいという人にはポータブルトイレは有用です。
ポータブルトイレには樹脂製トイレと家具調トイレの二種類あります。
ポータブルトイレは災害時のトイレとしてもご利用いただけます。


ポータブルトイレには標準便座・やわらか便座・暖房便座・脱臭機能・シャワーの大きく5つの機能がついています。 これらを選択してください。


トイレ用車いす
座った状態で、洋式トイレを利用できる車いすです。
水にも強いため浴室用といてもご利用いただけます。





こんな方におすすめ
ベッドから起き上がれず、座位での排泄が困難な方で、排泄が自分の意志でできる方用の商品です。
尿器や差し込み便器などです。


ベッドの上での排泄を助けるには、尿器や差し込み便器などが必要になります。
排泄物が直接肌に触れないので、不快感、スキントラブル、感染のリスクを軽減します。


2.種類で選ぶ


ページトップへ