介護ベッドの選び方

介護ベッドの選び方


本当に必要な介護ベッドってどれだろう?チェックポイントがありますので、ご購入の前にご確認下さい。


ベットを使用することで畳よりも楽に立ち上がりしやすくなります。
介護ベット(特殊寝台)を利用することで電動で背もたれが上がったり、サイドレールがつき、立ち上がりが楽になることで最初の一歩への支えとなります。




サイドレール

寝具のズレ防止やベットからの転落予防に役立ちます。
メーカーの品番ごとによって使用できるものが違いますので確認の上ご購入下さい。

手元スイッチ

高さの異なるベッド脚に、高さ調節用の脚やキャスターを取り付ける部分です。
メーカーの品番ごとによって使用できるものが違いますので確認の上ご購入下さい。

ベースフレーム

ベッドを操作するリモコンスイッチ

ヘッドボード

ベッドの頭部分ボードになります。
フラットタイプと小物が置きやすい宮付タイプの2種類あります。


1.機能について


背上げ機能
特徴
起き上がりのできない方むけ。
リクライニングが上がることで、起き上がりの動作を助けます。


膝上げ機能
特徴
ベットの足元のほうに体がくずれるのを防ぎます。


高さ調節機能
特徴
ベッドの高さを立ち上がりしやすいようにしたり、
介助しやすい高さに調整します。


2.モーターについて


1モーター昇降タイプ
ベットの高さを立ち上がりがしやすいようにしたり、
介助しやすい高さに調整します。
車いすへの移乗動作をしやすくします。
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


1モーター背上げタイプ
リクライニングが上がることで、起き上がりの
動作を助けます。
食事のしやすい角度に調整します。
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


1モーター背上げ膝上げタイプ
背上げ膝上げを連動して行います。
リクライニングが上がることで起き上がりの動作を助けます。
食事のしやすい角度に調整し、足もとに体がずれるのを防ぎます。
細かい調整ができないため床ずれの心配のある方は不向きです。
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


2モーター
高さ調整タイプと背上げ膝上げタイプの機能を合わせたものです。
ベットの高さを立ち上がりしやすいようにしたり、 介助しやすい高さに調整します。
背上げ膝上げを連動して行います。
リクライニングが上がることで起き上がりの動作を助けます。

食事のしやすい角度に調整し、足もとに体をずれるのを 防ぎます。
細かい調整ができないため床ずれの心配のある方は 不向きです。
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


3モーター
背上げ・膝上げが独立して動きます。 高さ調整タイプと背上げ膝上げタイプの機能を 合わせたものです。
ベットの高さを立ち上がりしやすいようにしたり、介助しやすい高さに調整します。
背上げ膝上げを連動して行います。

リクライニングが上がることで、起き上がりの動作を助けます。
食事のしやすい角度に調整し、足もとに体をずれるのを 防ぎます。 
こんな方にオススメ
・起き上がりのできない方
・軽度の方


3.介護ベッドのサイズ


介護ベットは、ご利用者の体形や介助者のしやすさによって幅や長さが異なります。
長さはショートは身長150cm以下の方、レギュラーは標準サイズロングは170cm以上の方が選んでください。
幅は91cmが標準で寝心地や介助のしやすさを両立しています。
介助がしやすく狭い部屋でも使用しやすい83cm幅もあります。



ページトップへ