歩行車の選び方






歩行車の特徴
  • ハンドルがコの字型になっていて体を預けやすい構造になっていること
  • 体重を支えるため強度が強くできていること





屋外用
キャスターが大きく、また危険防止のため必ずブレーキがついています。


屋外用
キャスターが小さく、施設等平坦な建物の中の移動・訓練に使用します。ブレーキが無いタイプもあります。
フレーム上部の馬蹄形ハンドルにひじをついて身体を支え前進します。
取り扱いが簡単なため歩行訓練用に使用されています。バランスが悪く筋力が低下している方に向いています。
家庭内で使用される場合は段差が多いため歩行器が向いています。




シルバーカーに似ていてバッグ等収納がついています。
左右のハンドルを持って移動します。安全のためブレーキはハンドルについています。
休憩用の腰掛がついています。軽度の障害や歩行のふらつきや持続性がない方むきです。


左右のハンドルを持って移動します。安全のためブレーキはハンドルについています。
休憩用の腰掛がついています。バックがないか、カゴで運びます。
軽度の障害や歩行のふらつきや持続性がないかたむきです。

ページトップへ